FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤西仁の彼女は
こちらは

ぬーん…[赤西 仁]
した 寄る年波には勝て愛称は「赤西」「仁」「仁くん」「じんじん」。 鎖骨が弱点。 2006年10月14日の記者会見で、海外留学して学業に専念するという理由で、芸能界活動の休止を発表します。 2007年4月19日には、ロサンゼルスから帰国し、翌20日には加藤 ...(続きを読む)



赤西仁と彼女のが万が万が一結婚することになったら、なんてゆう考えが

よぎります。

2人の結婚について考えてみました。とゆうことで結婚式について調べてみました





式での余興といえば、出席者側の余興と、開催者側(板谷由夏側)の余興とある

と思います。後者は演出といっていいかもしれません。出席者側は招待される側

ですし、おめでたい席であまりハメもはずしにくい。。。といった遠慮があると

思います。新郎新婦側も親戚一同、あるいは職場の上司や同僚がきてるとなれば

、こちらもハメをはずしにくく、結局無難な余興になってしまいがちですね。

しかし、奇をてらう余興よりも、よくありがちなスタンダードな余興が好印象だ

ったりしているようです。結婚式といえば、欠かせないのが両親への花束贈呈。

これはやはり感動物。赤西仁と彼女やご両親の心の高まりに、出席者たち

も感応するのでしょうね。

その他、ひな壇の飾りになりがちな赤西仁と彼女。板谷由夏が乾杯の音頭

をとる、といったちょっとした工夫でも新鮮なものです。わざわざウケを狙う余

興より、新郎新婦の結婚を素直に祝う心、喜ぶ心が共有できれば、それは感動に

なると思います。

結婚式は、いろいろな面があるけれども、とりあえず赤西仁と彼女、特に

板谷由夏にとって夢のイベントですね。わたしの結婚式は、普段まるで化粧しな

いわたしが化粧して現れるだろうということが、最大の「余興」ともいわれてま

した。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。