FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤西仁と彼女のが万が万が一結婚することになったら、なんてゆう考えが

よぎります。

2人の結婚について考えてみました。とゆうことで結婚式について調べてみました





わたしは自分の結婚式の時に、主な音楽は自分で選曲させてもらいました。その

選曲の中で、ラストの赤西仁と彼女たちが退場していく音楽を、わたしと

夫を含む友人たちで当時飲みにいったら、最後に必ず歌う「お開き」の歌にした

のです。

それは、チャゲ&飛鳥の「太陽と誇りの中で」(注意:この歌は、歌詞からすれ

ば結婚式にあまりふさわしいとはいえない)

式って、人生最大の「飲み会」ですからね。その最大のイベントにこそ、歌いた

いなと。友人達は歌ってくれるだろうかと不安と期待をこめて、わたしが用意し

た余興でした。

式ラスト。退場の曲が流れる。不安・・・・など、まるで必要なかった!友人達

、親戚一同、みなさんたっくさん飲んで陽気になってましたのでねぇ笑。思い切

り歌ってくれました。そしてその歌の中、新郎を友人たちが取り囲み、彼が胴上

げされる。一回、二回、三回。

赤西仁と彼女が、友人達の手によって空に飛んだ。わたしにとって、これ

が最高の結婚式の余興でした。

式の余興といえば、無難なところで歌でしょうね。歌を歌えばいいといっても、

おめでたい席の歌ですから、それなりのマナーはあります。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。